自信がない、自分の価値を感じられない、自分を愛せない・・・。
そんな悩みを抱えるあなたへ。

セルフ・コンパッションの理解・実践を通して、
自分自身をポジティブにサポートするスキルを身につけませんか。

 

MSCプログラム概要

マインドフル・セルフ・コンパッション(MSC)は、アメリカで2010年に開発され、実証的研究によって裏打ちされたセルフ・コンパッション・トレーニング・プログラムです。

セルフ・コンパッションは、私たちが人としてより自分らしく、より豊かに生きるための内的な強さになります。そして、私たちの誰もが、セルフ・コンパッションを身につけることができるのです。

不安や鬱を軽減したり、正しい食生活や運動の習慣化を助けたりするだけでなく、対人関係の満足度と深い関連があることも知られています。

セルフ・コンパッションとは

 

MSCは一般の方を対象としています。
参加にあたり、マインドフルネスや瞑想の経験は必要ありません。

プログラムは公正さ、多様性、包括性に配慮して構成されており、誰にとっても参加しやすいものとなっています。プログラムに含まれるのは、短いレクチャーや経験的な学びを可能にするエクササイズ、マインドフルネス瞑想、グループによるディスカッション、そしてホームプラクティスです。

※現在は、主にZOOMによるオンラインでの開催を行っています。

2021年10月開催オンラインMSCスケジュール


Session内容

  • 週に1回(約2時間半)のセッションを全9回
  • 概念的理解を助ける講義
  • ともに学ぶ他の受講者とのディスカッション
  • 1回のリトリート(約4時間かけて沈黙と瞑想の実践をします)

Home Practice内容

  • セッションで紹介した瞑想(音声ガイドをご用意しています)
  • 日常場面で行える簡単なプラクティス
  • 身体や感情のセルフケア
  • ジャーナリング

10/15(金) Session 0 オリエンテーション
10/22(金) Session 1 マインドフル・セルフ・コンパッションとは
10/29(金) Session 2 マインドフルネスを実践する
11/5(金) Session 3 ラビング・カインドネス(慈愛)を実践する
11/12(金) Session 4 内なるコンパッションの声と出逢う
11/19(金) Session 5 より深く生きる
11/27(土) Retreat リトリート
12/3(金) Session 6 困難な感情と向きあう
12/10(金) Session 7 難しい人間関係を深く見つめる
12/17(金) Session 8 人生を享受する

※通常は「金曜の19:00〜22:00」を予定。リトリート11/27のみ、内容から「土曜の9:00〜13:00」を予定しています。

MSCプログラムの流れの詳細を見る

 

日程 10/15〜12/17の間、週に1回(全10回)※今回はオンラインなので、特別に10週間とします

定員 12名まで

通常価格 68,000円+消費税(講師による指導と、瞑想ガイド音声などの資料が含まれます)
早割価格 60,000円+消費税(~9/15 23:55 までのお申込に適用)
割引価格(学生・経済的に余裕のない方対象)40,000円+消費税(枠数に上限あり)

※全9回のグループセッションおよび1回のリトリートに参加していただくことが前提となるプログラムです。2回以上欠席となることが予めわかっている場合は、他の開講スケジュールをご検討ください。

※静かで、落ち着いて取り組むことのできる環境からの参加を推奨しています。移動中や、周囲の音が大きい場所でのアクセスはお避けください。また、ZOOMにてお顔やお名前を出しての参加をお願いしています。

※ページ下部に記載のある「ご確認いただきたいこと」もご覧ください。

 

〈10月開催オンラインMSC受付終了しました〉

 

講師の海老原由佳について

  • マインドフル・セルフ・コンパッション講師 (MSC© Trained Teacher)
  • Center for MSC (米国MSC本部) アジア太平洋地域コーディネーター

MSC (Mindful Self-Compassion) プログラムの開発・普及・啓発活動を行う、Center for Mindful Self-Compassion (センター・フォー・マインドフル・セルフ・コンパッション) 主催の講師養成トレーニングを修了しました。

マインドフルネス分野の通訳・翻訳家としても活動しており、David Treleaven著 “Trauma-Sensitive Mindfulness(トラウマ・センシティブ・マインドフルネス)”が金剛出版より刊行予定。

 

ご確認いただきたいこと

1.オンライン(ZOOM)での提供となります。タブレットやパソコンなど、ZOOMを使用できる環境をご用意ください(スマートフォンからのアクセスは推奨しておりません)。


2.MSCはグループで行う心理教育プログラムであり、心理療法やセラピーではありません。また、精神疾患の治療を目的とするものではありません。


3.自分の苦しみに寄り添うスキルを学ぶため、過去の経験や辛い感情(怒り、悲しみ、恐れ etc.)が顕在化することがあります。


4.身近な方や家族との死別・離別を経験されて間もない方、精神疾患や依存症の治療を現在受けていらっしゃる方は、時期をずらして受講されることをお勧めする場合があります。


5.プログラム参加にあたり、特に配慮を必要とされること、講師に伝えておきたいこと(身体的理由による制約、過去のトラウマや虐待、死別・離別の経験、依存症の問題、セクシャル・オリエンテーションなど)があれば、事前にご相談ください。


6.現在、精神科や心療内科等で投薬治療、カウンセリング、心理療法などを受けている方は、必ず主治医・担当カウンセラー等にご相談のうえお申し込みください。また、診断名、服用薬、医療機関等を講師がお伺いすることがあります。


7.MSCプログラムは一般の方を対象としており、臨床家研修や講師養成を目的としません。セルフ・コンパッションを深く学び、一個人として成長するためにご参加ください。

この他、ご相談やお問い合わせがありましたら、こちらのメールフォームからお寄せください